Instagram

2009年1月28日水曜日

実は…。

 わたくし腰痛もちです。鍼灸師なのに何でと思われるかもしれませんが、意外に多いと思いますよ。

ただ、僕の場合、ひどい痛みになることは、ほとんどありません。常にダル痛いって感じです。レントゲン所見等問題なく、腰まわりと筋肉つけて、予防しましょうと言われるパターンのやつです。主訴としたら、両殿部のダル痛さ、腰時々痛い。大腿部後面のだるさなどです。神経痛までいかないってやつです。

小学4年くらいからずっとですね。痛みがひどい時もありましたけど、慢性化してます。ホームページにも書いていますが、マッサージ、整体などうけましたが変わりませんでしたね。鍼に関しても、いろんな先生にやってもらいましたが、変わりませんでしたね。

じゃー何で鍼灸やってんねんと突っ込みいれたくなりますよね。笑

この業界にいたら、治してくれる人が現れる、もしくは自分でその方法を見つけれるかもしれないと思っているからです。飯食べさせてもらえるから飲食店で働くみたいな感じです[手(パー)]学生時代は、高校~大学とずーっと飲食店でバイトしてました。まかない食べたかったのと、作れるようになるでしょ、おいしいの。基本的なことできるようになりましたから。

前働いていた整骨院では、マッサージと整体をやってもらいましたし、自分自身もできるようになりました。今は鍼灸専門なんでやりませんけどね。笑

鍼灸に関しても動機が全部これではありませんが、一理はあります。いろんな人にやってもらえますしね。実際に学校、勉強会では実験台にすすんでなりました。しかし、変わらなかったですね~。

北京堂に関しても、お師匠さんの手が空いていたら最高の治療が受けれるわけです。贅沢ですね。効果のほどはといいますと、まだわかりません。

腰よりも腸骨筋のほうが悪いそうです。楽しみですね。

こんな感じで悩んでる人が、世の中にはたくさんいてるんやなと。少しでもそれを治せるように。日々精進ですね。

IMG_4838

見苦しいかとは思いますが、わたくしです。笑



0 件のコメント:

コメントを投稿