Instagram

2009年1月14日水曜日

ほくろ イボ

 鍼灸では、ほくろ、イボをとることも可能です。

   鍼で焼きます。笑 
 
また北京堂は怖いことしよると、思うかもしれませんが、体験している方も意外に熱くなかったと言ってられました。
焼いた鍼を一瞬ほくろにつけるだけですからね。

IMG_4812



① まず、アルコールランプで火鍼の色が変わるまで焼きつけます。

IMG_4814



②狙いはこのほくろです

IMG_4816

2473743

③色の変わった火鍼をすばやくほくろにつけます。ほんの一瞬です。ちょこっとチッってなるくらいです。黒い部分にまんべんなく当たるように、これを繰り返します。

まんべんなく当たれば、掻いたり、触ったりしないようにして、置いておくだけです。風呂入るときも絆創膏を貼ってもらいます。一か月もしたら、ポロッと剥がれおちます。

以上です。簡単ですね。
けっこう大きなものでもとれるみたいですね。

ただ注意として、色の黒いかたはダメですね。なぜかというと、ポロッととれた部分が白く目立っちゃうからです。ほくろ自体はとれても、逆に目立ってしまいます。

イボなんかもとれますんで、是非一度お試しください!

2 件のコメント:

  1. 温古堂鍼灸院 平岡 節雄2009年1月15日 11:07

    いぼは、はと麦を飲むと2週間くらいで取れます。
    ほくろが鍼で効果があるとは知りませんでした。
    ほくろは、普通の鍼を熱してもいいのでしょうか?
    ちくっとする程度。
    何回くらい繰り返すのですか。その際、毎回熱するのですか?
    熱しないと効果はないのですか?
    これからもいろいろ教えてください。

    返信削除
  2. >平岡先生
    はと麦というのは、お茶じゃなくてですかね?どれくらいでとれるんですかね?焼かなくていいならそっちのほうがいいですね。
    火鍼の鍼尖部分はかなり太いです。小さいドライバーくらいあります。ので普通のでは無理かと。黒い部分にまんべんなくしたら、それで終わりです。1回です。大きかったり、黒い部分が深かったら、かわいてから繰り返します。

    返信削除