Instagram

2018年11月3日土曜日

太もものピリピリ


いつもの腰痛とは別で、太ももの外側がピリピリするんです。

何もしなくてもピリピリしますか?動作に関係ありますか?触ってみてどうですか?コルセットはしていましたか?

神経には体の中を通る神経と、皮膚表面を通る神経があります。今回の症状は表面を通る神経がこすれたり、圧迫されたりすことによって出た神経痛です。

場所的に、外側大腿皮神経がダメージを受けていると考えられます。コルセットを常時使用している人に多くみられます。

早期にわかれば、施術するまでもなく、コルセットをしなければ症状は治まってきます。

この方も、コルセットを骨盤で巻いていたとおっしゃっていました。

これらに対して鍼灸施術を行っていませんが、帰るころにはおさまっていました。


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000




2018年11月2日金曜日

冬支度

朝晩、ぐっと気温が下がってきました。

季節の変わり目は体調を崩す方が多いですね。気温、気圧、湿度、全てが変わるので、体には相当なストレスがかかります。健康な方は、それらに耐えられるからだを持っているので気にはならないかもしれません。

うちの患者さんで透析センターにお勤めの方がいます。透析ですから腎臓に関わりがあります。腎臓は血液のろ過をしています。

その方に、この時期の患者さんの体調はどのような感じですか?と聞いたところ。
季節の変わり目は血圧が乱高下するとのこと。

先ほど挙げた、気圧や気温、湿度が影響するのはもちろんですが、夏に汗をかいて水分を補給するという循環があったものが、汗をかく量が減るということで、血液の濃度が濃くなるということが影響するんじゃないかとおっしゃっていました。

秋こそ、水分補給、運動が大事なんだということがわかります。

さて、うちの院も冬支度です。

ベッドにホットカーペットを入れました。去年は11月5日に入れているので、3日早い冬支度となります。冬は苦手なんですよね。




大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2018年11月1日木曜日

深層筋へのアプローチ

学校の先生や同級生に、深層筋にアプローチする鍼をしたいと言ったら、危ないからやめなさいとか、浅い鍼で効くから必要ないとか言われました。

うちに見学に来たことがある広島の先生が変人扱いされると嘆いていました。

教務の先生がそれぞれやっている治療方法を教えるので、うちのように長い鍼を使ったり、沢山鍼を使ったやり方を教えてくれる学校はまずないと思います。

ただ、学生の段階で危ないのはわかりますが、必要ないといのはいかがなものかと思います。

めちゃくちゃ必要です。

在学中に少しでも、長い鍼を使ったり、沢山の鍼を使う治療に触れる機会が増えればいいなぁと思うのです。

母校には、年に1回ほど卒後研修の講師としてデモに行く機会があるのですが、学生さんが興味を示すかというと、?疑問符がつきます。

なかなか一般的にはなりません。鍼灸師自身が怖がっていては難しいものがあります。

鍼灸専門の雑誌「医道の日本11月号」で、うちの兄弟子である神戸二天堂鍼灸院の中野先生が「解剖生理学に基づいた深層筋の鍼治療」という連載をスタートさせました。

中野先生は、炎の鍼灸師養成講座という、鍼灸師向けに行っている北京堂式の治療の仕方を教えています。そこでのテキストや講義をまとめたものを連載の内容としています。

これを読む学校の先生や学生が少しでも興味を持って、治療法が広く浸透してほしいなぁと思います。




大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2018年10月25日木曜日

伝統

新患さんにお渡しするパンフレットですが、実は手作りです。

なんとなくわかるとは思いますが、要所要所がプロのものとは違いがでてしまいますからね。

弟子入りした時に、師匠がパソコンで手作業で作っていました。

チラシで渡したら捨てられるでしょ?冊子にしていたら捨てにくいじゃない。置いててくれるかもしれない。それを他の人に渡して紹介してくれるかもしれないから、こうやって作るんよ。

で横浜の治療所を譲り受けた時に、このホッチキスをくれました。パンフレットの中身は自分流にアレンジしましたが、それ以来変わらず作り続けています。

昨今は、業者に頼んでも安くできるようになりましたが、まぁ空き時間にボチボチ作っています。

さて、

最後まで使いきったことがないもの


ってあります。

僕はですね。消しゴムとホッチキスの針です。

消しゴムは使い切る前に必ずなくします。どっか行きます。

ホッチキスの針は、そんなに使わなくても、いつまでも引き出しのどこかにあります。結局いらないから捨てる。


けどですね。今回そのジンクスを払拭できそうなんです。

この替え針も師匠からいただいたもなのですが、いただいたときはマックス入っていました。5000本入っているそうです。どうでもいいですけど、この替え針の名前は「マックス針」だそうです。(笑)

コツコツ9年くらいなりますかね。パンフレットを作り続けたいたら、終わりがみえそうです。なかなか感慨深いですね。

一人治療院ぽいことやっているでしょ?



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B

電話:06-6821-3000


2018年9月10日月曜日

第5回HARIカレッジ



第5回となる刺鍼研修会を10月21日(日)に開催いたします。

・炎の鍼灸師養成講座を受講している
・東洋医学錬成塾を受講している
・北京堂の各先生の治療所に見学にいった経験がある
・当院の勉強会に参加したことがある
・北京堂の刺鍼に興味がある

鍼を打つ機会を増やす、うってうってうちまくる!

母校で学生を前にこれを言ったら、他の先生に「数うちゃいいもんんじゃない。」と遠回しに言われました。(笑)

色んな人がいます。どう練習するか。

効率よく練習する、技術を習得する

それをできる人はこんなことを言わないでしょう。けど、みんなが器用で賢いわけではありません。

みなさんはどうですか?僕は器用でも賢いわけでもありません。だから、うちまくっています。そのせいで患者さんにはご迷惑をおかけしているかもしれません。

でも、遠回りしますけど、こっちはこっちなりに気づくこともあるのです。

鍼をうって、どのような感触があるのか、どんな反応がするのか。
深さによってどのような違いがあるのか。

鍼をする機会が少なかったら、そういったことがわからないままになります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・不器用なんです。
・何度もやらないとできないのです。
・職場の都合で、鍼の本数、時間が限られている。
・習得したはいいが、刺鍼に自信がない。
・患者さんで試す勇気がない
・習得してから時間が経過して、本当にやれているかがわからない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このような方にぴったりです。鍼灸師が病院や整骨院に努めて、鍼を打つ回数というのは世間の人が思っている以上に少ないです。せっかく取得した鍼灸師の免許を存分に発揮させようじゃないですか、マッサージや整体は専門でなくてもやることができます。しかし、鍼は鍼灸師(医師を除いて)にしかできません。


鍼灸実技メイン
2人一組
(以前は3人一組にしていましたが、マンツーマンでの指導、実技回数を多く作れることから2人1組に変更しました。)

で鍼をうち合います。

人に見られる
これ意外と緊張します。自分では気づかないこと沢山あります。
手際よく、ソフトに、きれいなフォームで刺鍼する。上手な先生はそんな感じです。

鍼を受ける
鍼灸師なのに鍼を受けるのが苦手という人がいます。僕からしたら苦手なものを患者さんんによくできるな~と感心してしまいます。

普段行っている刺鍼を患者さんはどのように感じているのか。
この筋肉に刺鍼すると、どんな反応なのか?
けっこう際どい場所、患者さんはこんな気分なんか。
この刺鍼はきついな、耐えられる患者さんはこういう人だな。

上手い人の刺鍼を肌で感じる。逆もしかりです。刺激は強くても心地いい。暖かい。自分の施術と比べてどうか。これは、かなり大事だと思っています。
多くの患者さんが、鍼は怖い、痛いと思っています。鍼灸師が、どういった反応があり、どこに響いて、どう変化するか、どう反応するかを身をもって知っておくというのは、普段の臨床で役に立ちます。
患者さんが、不安がっているとき、刺鍼しているときに的確にどこに反応があり、どういった変化をみせるか、説得力のある言葉で説明することができます。

施術をチェック
なるほどそうやっているのか
自分と比べることができます。そうやっているのか、こんな打ち方をしているのか、スピード、荒い?鍼が垂直に刺さっている。曲がっている。そこは危ない。そこまでいける。自分の今がわかります。

少人数なので、わからないことは直ぐに質問することができます。質問攻めんいしてください。

ただ聞いているだけ、みているだけではわかりづらいセミナー形式ではなく、実際にうって、受けて、体感して、臨床に生かせるようにしていただきたいと思っています。


超初心者用・鍼灸院治療マニュアル
鍼灸院開業マニュアルDVD
炎の鍼灸師養成講座

北京堂の刺鍼の仕方は、これらで学ぶことも可能です。読んで、観て、イメージが出来る人もいれば、それが出来ない人もいます。
習得していなくても、ガンガン試せる人もいれば、習得していても自信がなくて試せない人もいます。
色々な方がいます。考えこむ人に考えるな!と言っても無駄です。それと同じですね。刺鍼で悩んでいる方は是非ご相談ください。

今までの勉強会の受講者の感想はこちら


今回の内容
【午前】
症例
・耳鳴り
・顎関節症

咀嚼筋(咬筋、側頭筋、内・外側翼突筋)へのアプローチ
講義・実技

【午後】
前回復習
小胸筋、斜角筋、肩甲下筋、膝周囲

基本姿位
頸部、背部、腰部刺鍼

※進行状況で内容は変動します。

10月21日(日)10時~16時(1時間休憩)
場所:BABA鍼灸北京堂大阪
対象:鍼灸師
参加費:9000円  (見学 学生無料)
定員:6名 (残3名)

大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B

電話:06-6821-3000


肩が痛い

肩が痛いといっても人それぞれ様々です。

肩関節・頸部・背部・胸部・血圧・ストレス様々な要因で肩に影響します。

例えば、、肩こり。肩関節に問題があって肩こりになるかたというのは、意外に少なかったりします。


肩甲骨と背骨の間が凝るといって来院された方



僕らは肩甲間部といいますが、そこの凝りを訴える方は非常に多いです。

背部の筋肉です。マッサージでぐりぐりやってもらっているかたも多いかもしれません。

棘筋
背骨を支える、姿勢維持筋です。首を動かしたり、背骨をひねったりもします。この筋肉の緊張は、背骨からでる脊髄神経の枝を圧迫するので、こりや痛みとして訴えます。


菱形筋
肩甲骨を背骨に引き寄せます。肩を外に回旋させる。肩甲骨を背中に寄せるので、いい姿勢を保つのに使っています。肩甲間部とくればこの筋肉です。

肩甲挙筋
肩を上げる。肩をすくめるような動きをします。力が入っているときに自然と肩が上がる人がいますが、そういった方はガチガチです。肩甲間部とは違いますが、この筋肉の緊張は肩甲間部に影響します。



棘上筋
肩を上げる動作で使います。肩関節を安定させるために使います。肩関節を代表するインナーマッスルです。肩を動かす筋肉は、様々な筋肉を連動させています。



肩甲下筋
肩を内側に捻る動作をします。意識的にこの動きをやることは少ないと思いますが、腕を上げるときや回すときなどにも使っています。
肩甲骨の裏側につく筋肉です。この筋肉がつく肩甲骨の内側は、まさに肩甲間部です。

前鋸筋
賞状などを受け取る姿勢がありますよね?両腕を前に出す姿勢です。あの動きがまさに前鋸筋の動きです。パソコンなどで両腕を前に出している姿勢で使っています。
この筋肉も肩甲下筋と同じように肩甲骨の内縁につきます。



筋肉以外にも神経走行などからもみえてきます。

・棘筋の時にお話しした脊髄神経の枝

「背部 神経」の画像検索結果

・頸部からでる肩甲背神経


「背部 感覚神経」の画像検索結果
引用:あましこくし~スマホで出来るあん摩マッサージ指圧師の国家試験過去問題集ページ

こういった神経の絞扼、圧迫によるこりや痛みも考えられます。

脊髄神経の枝は背部の問題ですが、感じている場所だけにフォーカスするのはいけません。脊髄神経の枝の出どころはどこだ?ということです。
もう少し背骨よりに問題がある可能性があります。

肩甲背神経は頸部からでますので、頸部に問題がある場合があります。

さらに厄介なのは、両方問題がある場合があります。

・お仕事
・普段の姿勢
・肩の動き
・頸部の動き

こういった事から、どこに問題があるかわかります。


当院では、原因となる、筋肉、神経を見つけ出し、刺鍼を行います。

この前いらっしゃった患者さんが言っていました。

「これだけ医療が進歩しているのに、肩こりくらいすぱっとよくならないんですかね。」

確かに。けどこういった慢性的な痛みやこりというのは、日常生活の姿勢や緊張、ストレスなどから症状が出ています。いくら鍼や注射で痛みをとっても、日常生活の負担を解消していかないと、症状が出てきます。

肥満と痩せを繰り返す、マラドーナやマライアキャリーが、胃の縮小手術をしたように、体そのものに何か手を加えるようなことをやる。肩こりのような症状でも同じような事をするようになるかもしれません。

けど、そこまでしないといけないのか?

と思ってしまいます。それだったら、姿勢を気を付け、運動をするほうがよっぽどいいのではないかと。

肩こりにも背部のこりにも、様々な視点からアプローチします。

大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B

電話:06-6821-3000


2018年9月6日木曜日

休診のお知らせ

9月11日(火)
9月12日(水)
9月13日(木)

上記期間、休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B

電話:06-6821-3000