Instagram

2016年9月28日水曜日

メンテナンス

鍼灸施術


先生は、自分の調子が悪いとき、自分で鍼をするんですか?



日々、鍼灸施術をしていると、ちょこちょこ聞かれることです。基本的に、そうならないように自分でトレーニングをしたり、ストレッチをしたりして、気を付けているんですけどね。

やっぱり、疲れが溜まったり、何かのひょうしに痛めてしまうことはあります。そんな時は、もちろん自分でできることは、自分でやります。手の届く範囲、出来る範囲です。

危なくないですか?

一番危なくありません。(笑)どこをどうやったら危ないか、一番わかっています。危ないときは、あえてやるときです。ギリギリのせめぎ合いですね。患者さんではできませんが、自分では自己責任なので、せめぎ合いができます。

もう少し、もう少し

まぁ、やりませんけどね。
ただ、やっぱり人にやってもらいたい、ガツンとやってもらいたい、スッキリしたいというのがあります。

①知り合いの先生にやってもらう
②全然知らない先生にやってもらう

2択です。
①は、とりあえず安心安定の施術です。ガツンと響き、ガツンと効く。知っている先生なので、質問もしやすいですし、気を使うこともありません。相手は知りませんけどね。(笑)北京堂式の施術もやっていただけるので間違いないです。

②これは、新規開拓、経験、色々な施術法の勉強などです。楽しみな反面、がっかりすることも多い選択です。やっぱりあそこにしておけばよかった。そんな感じですね。

横浜にいてるときは、シーベルズ大磯の渡邊先生にやってもらってました。週に何回か金沢文庫のほうにいらっしゃっていたので、一番近かったのと、信頼できるのと、腕が確かなのと、あとなんでしょう、弟子時代に共にした仲というのもあるかもしれません。

②のように、勉強を兼ねて他の鍼灸院で施術を受けてみたいというのもあります。ただ、この3回ほどは外れています。(笑)

あぁ~やっぱり渡邊先生にやってもらったらよかった。そう呟いて帰ります。

正直に鍼灸師だという場合と、言わない場合があります。その辺は、なんとなくやっていただく先生の人柄を診ながら打ち明けます。

言うとややこしそうだな~という場合は、黙っています。たぶんうちにいらっしゃる鍼灸師の先生もそうだと思います。


ダメなときの理由としては、変化がない場合に、こっちの問題になるということです。


これは、僕自身も気を付けないと日々思うことでもあります。明らかにこちらの問題であれば、納得いきますが、???な部分があるわけです。

・運動不足だから
・逆に運動のしすぎだから
・メンテナンス不足

よくあることです。こちらも言いたくなります。なんでもっと早く来ないのか、なんで休めないのかなどなど。

ただうちはほとんど言いません。

それは、患者さんも重々承知なんです。わかっているから今来院したんです。これをついつい見落としてしまう。わかっていることを言われたら、嫌です。言われなくてもわかってる、だから来たんだと。

座敷の生活だから。
炭水化物を食べているから。

こんなことを言われました。

今までの日本人はどうなるんだ。テーブルで生活していたら、腰痛がでないのか?
最近の糖質制限に感化されているのか、炭水化物を摂りすぎだと言われました。炭水化物の摂りすぎで腰痛になるのだろうか?

バランスのいい食事をしていますが、と言ったのですがなぜか聞き入ってくれませんでした。



私が鍼灸院などを選ぶ際に注意するのは、結局その先生の人柄などが大きいということです。

別に人柄だけで選んでいるわけではないので注意してくださいね。知識や技術、経験があってのもう一つの要素です。

こっちの症状に対して、どれだけ耳を傾けてくれるかです。

悪い中でどう対処していくか、どう結果をだしていくか、どの変化が回復の兆しか、どうよくなっていくか、この変化が出れば、こうよくなってかなどを説明できるかです。

患者さんは、見えないものに直面するのが一番不安です。

原因不明、痛み、症状に変化がない、兆しがない、施術者の不安感、説明不足etc

私たち鍼灸院にいらっしゃる患者さんは、原因がわからないことが多い。検査で異常なし、薬が効かないなど。

精神的にまいってしまいます。どうなるの?このままずっとこのまま?

施術をしていても、変化がない。
効いているのか、効いていないのか?治療方法はあってるのか?あってないのか?

先生が参っている、面倒な顔になっている、説明がよくわからない?大丈夫?大丈夫?

こんな負の連鎖です。実際自分がその立場になったら、そうなります。しかも、今は変わってきましたが、患者さんの立場の方が基本的には弱者です。

質問して怒られたらどうしよ?素人が聞いてはだめ?セカンドオピニオンはいいのか?

ようは、これらを踏まえて、どれだけ患者さんに接せれるかですね。忙しい鍼灸院や病院では、難しいかもしれません。けど、そんなところでも、しっかりした先生は、きっちりと明確に答えてくれますし、嫌な顔一つしません。そのはず。(笑)

どこまで自分ができているかわかりませんが、自分が患者の立場の場合、こんな先生は嫌だというのを念頭において施術にあたっています。

子供にも「自分がやられて嫌なことは、絶対するな。」と言っています。

日々初心忘れるべからずです。



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000


0 件のコメント:

コメントを投稿