Instagram

2015年7月26日日曜日

ぎっくり


やたらと暑くなりましたが、皆さんへばってませんか?

この暑さと共に、ギックリ腰になる方が増えています。暑いのにぎっくり腰って何で?ですよね~。イメージ的には、寒くて固まっているときの方がなりやすいように思います。

大きく影響しているのは、エアコン(冷房)です。間違いなく体を冷やしています。世間は暑いので、体は夏モードです。なのにエアコンによって、強制的に冬モードにもっていきます。

そうすると、体はよくわからなくなってしまうんです。夏なん?冬なん?どっちなん??

冬の時って体が強張るのが当たり前なので、その強張りに対して免疫があるんです。はいはい、体固いですね。気を付けましょうね。と、意識レベルでなく、無意識に体が反応します。

しかし、夏は冷房ガンガンで、わけわからなくなってしまっているので、対応ができなくなるんです。


外が暑いから外に出たくない、家にいると冷房で冷やす。運動をしないので、体は強張り、動きが鈍くなる。ちょっとした負荷で筋肉がロックしてしまう。


こういった感じです。冬と真逆ですが、似たような理由でぎっくり腰になります。

・冷房は仕方ないので、体をよく動かすこと。
・起床後すぐは、ぎっくり腰のリスクが高いので、起きる前にベッドで体操したり、ストレッチしたりして、ある程度体をほぐしてから、起き上がるようにする。
・不意な動作、何気ない重さのものを持つなど、気を抜きがちな時にも注意を払う
・老化、筋力の低下を自覚しておく

挙げだすときりがありませんが、自分だけはと思わず、日頃から腰に負担をかけないように養生してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿