Instagram

2010年3月12日金曜日

三鷹詣で

R0010842_1_1.JPG

 この休みは、師匠が三鷹に新しく開いた治療所行ってきました。

いやー遠い。

こっちきてから、電車の時間の感覚がおかしくなってます。

例えば、鶴見から新宿とか渋谷まで行くのに、1時間以上はかかるわけです。こっちにきて、これくらいの移動というのは当たり前になっていますが、地元にいてる時は考えられないです。

というのも、

1時間といえば、大阪からやと、京都、神戸、奈良にいける範囲です。ちょっとした小旅行です。笑

それを普通に、気合いいれることもなく行くわけですからおかしなもんです。

三鷹は2時間以上かかって、そうですね。大阪からだと、滋賀いけますね。岡山いけますね~。

とまぁ行ってきました。

あいかわらずわかりにくいところにあります。家はうちと違い新しいようで、わりと綺麗ですね。

ピンポーン!

「はいはい、あんた何しに来たん??」

「いや、先生だけ結婚式の招待状の返事まだやったんで取りにきました。」

「患者さんかと思ったわ~。しかしあんたも暇やな~。」

「はぁ暇ではないんですけどね。(わざわざ暇を作ってきとんねんと思いつつ、適当にあわせています)。」

「そうそう、あんたの結婚式に来ていく礼服をいれた、スーツケースが開かなくて困ってるんよ。番号が違うみたいで。」

(自分で設定した番号が鍵になるタイプのようです)

「 番号忘れたんですか?先生もぼちぼちボケがきてますね~。いつ閉めたんですか?」

「こっち来る前よ。番号は「OOOー」しかないんよ。けど開かないんで困ってる。」

「ほんまにその「OOOー」なんですか。(語呂で覚えてるようで、公表したら後で何言われるかわからないので割愛。)ほんまは「△OOー」とかじゃないんですか?」

「それは絶対ないんよ。番号は昔からこれと決まってる。」

「いやいや、それやったら開くハズでしょ。笑 」

「だから、「000」ばんから初めて今500を超えたところまでなんよ。なかなか開かないな~。」

「500までやったんですか?そのスーツケースの会社に電話してみたら、どうですか?」

「これ中国で買ったやつやからだめなんよ。前も一回こんなことがあって開かなかって、番号0からやって開いたんよ。」

「前もやってるんですか?それ、先生の番号がそもそもあってるかどうか怪しいのと、中国製のこいつ自体が怪しいのと両方ですね。」

「だから優れものなんよ。拷問にあって自白しろー!って言われて言っても開かないという、絶対に安全なスーツケース!」

「いやいやそれったら、嘘つき言うて殺されますやんか。笑 というか、「999」までやっても開きそうにないですね。式までになんとかしてくださいよ。」

 と相変わらずな会話を4番弟子はしていたんですか、今度の5番弟子は

「先生、この蝶番になってるこのネジをとってしまえば、綺麗にあきますよ。ネジが中で膨らむタイプなんで、上之の部分を外したらうまいこといきます。」

「いや、外は壊れてもいいけ、中のスーツ礼服が傷つくかもしれんやんか~」

「大丈夫です、ネジだけ取るんで、中は傷つけません。」

「いや、それはこわいわ~」

とまぁ、強行派のようですね。笑

弟子それぞれタイプが違うんで、師匠も大変のようです。今度はどんな感じになるんでしょうね。

興味ある方はどうぞ。

東京都三鷹市新川一丁目9-10

TEL:0422-57-4682 

http://homepage2.nifty.com/pekingdo/hyousi.htm

 



2 件のコメント:

  1. らぁちゃん2010年3月12日 21:11

    会話が面白すぎる~!!!
    久しぶりに腹を抱えて笑ってしまいました!!
    遠いところから三鷹に来ていただいてありがとうございました^^
    突撃訪問だったので先生もびっくりしていましたょ^^

    返信削除
  2. ��らぁちゃんさん
    電話してもなかなかつながらなくて。
    先生も元気そうで何よりです。

    返信削除