Instagram

2010年7月12日月曜日

痛い

 「痛い」

この言葉を日々聞き、患者さんは「痛み」と日々闘ってるわけですが、この「痛い」という言葉は、曖昧で、範囲が広いものです。

ひとくちにAさんの「痛い」と、Bさんの「痛い」は当然違うわけです。

Aさんの痛いが滅茶苦茶「痛い」としたら、Bさんからしたら普通の「痛い」やね。ってなるかもしれないのです。

うちのホームページにも、「痛い」ですとあえて書いているのですが、鍼を受けたことがない人の「痛い」と、鍼を受けたことがある人の「痛い」では違いますし、北京堂の鍼の「痛い」と他の鍼灸院の「痛い」でも違うわけです。

 先日、沼袋と百合丘の治療所に行ってた方が、住まいの都合でうちに来ることになったのですが、「北京堂の痛い鍼、ひびきがないと物足りないですね。」ってなことをおっしゃってました。

 まぁ自分もたまに受けますが、痛いですわね。しかし、この言葉が難しい。

受けたことない人に説明する時に、刺すような切るような痛さではないんやけど、重たいような、ズシンとくるような、なんとも言えないような感じやねん。

 何それ痛いの痛くないの?

いや痛いっちゃ痛いんやけど、痛くないっちゃ痛くないねん。

何やわからんけど怖いからやめとくわ。

とまぁこうなるわけです。言葉のイメージというのは大きいですね~。

 

さて今日から三日間、うちの奥さんが実家に帰ります。

久々にゆっくりできますかね。

今日のmusic..."Rock`N`Roll Star@OASIS

 



2 件のコメント:

  1. おやじボクサー2010年7月13日 16:07

    この鍼に出会ったことで、僕の人生はV字回復しました。
    今後もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

    返信削除
  2. ��おやじボクサーさん
    コメントありがとうございます。
    こちらこそよろしくお願いします。
    身体のお手入れいつでもいらしてください!

    返信削除