Instagram

2010年4月14日水曜日

郷に入りては郷に従え?

 おそらく師匠が入る前から替えていないであろう、畳と土壁をきれいにしてもらおうと、不動産屋さんに交渉を開始したのは、一か月前以上になります。

 こっちの負担がどれくらいで、大家さんがどれだけもってくれるとかや、まだ替える必要がないんじゃにかとか、交渉してとりあえず見積もりだけだしてくださいと言ったのは2週間前くらいですかね?

 以前網戸を替える時も、不動産屋が紹介する内装屋さんにやってもらったのですが、とにかく仕事が遅いわけです。

この時も5月に話して、なんやかんやで取り付けてもらったのは9月でしたからね。

季節終わってしもてるやんけ!とツッコミを入れていたわけです。

今回も、まぁ確実にその内装屋さんから連絡ないやろなと思ったんで、電話番号忘れたんで不動産屋さんに再度連絡。

次の日、連絡なしにピンポーン。

見積もり来ました!

患者さんいてます。ちょっと待ってくださいね~。

さくっと見積もりしてもらい

見積もりはいつくらいにできます?

そうですね、二三日でできます。

わかりました。じゃー二三日で見積もりができたら、うちに連絡くださいねっ!必ずしてくださいよ。

念を押すひろし・・・。たぶん無理やろな~いやいや今回は大丈夫やろと淡い期待。

一週間たっても連絡なし・・・・・・。

不動産屋に再度電話。

二三日したら見積もりだしてくれるって言うて、なんの音さたもないんですけど。内装屋さんの電話番号教えてもらえます?

あぁ、それなら大丈夫。昨日内装屋さんが来て話したから。大丈夫だから。待っといて。

はぁ、大丈夫?ほんまに大丈夫なんですか?というか大丈夫という意味がわからないんですけどね。

すぐに連絡あるから待ってて。

はい2週間がすぎましたが連絡ありません。

過去の手帳をあさり連絡先ゲット。即電話。

あの見積もり依頼していた馬場ですけども。

あっ!すいません。明日すぐに持っていきますんで。申し訳ありません。

完璧に忘れとる。

大阪から単身生麦の地に渡り、一人で考えるわけです。

俺がせっかちなんか、こっちの人が悠長なのか、この内装屋ができへんのか、これがこっちの人の気質なのか、どやねん!とふと悩むわけです。笑

地元やったらね、そりゃかけてる眼鏡を横山のやっさの如く、怒るでしかし!大概にせぇよ!と言うんですけど、完全アウェーなので悩むわけです。

まぁこっちの負担分の値切り交渉はがっつりやる予定です。

今日のmusic..."シャツを洗えば"@くるりとユーミン

 

 

 



2 件のコメント:

  1. せ、せ、先生、
    大事な日を前にそんなにいきり立っては。。。。
    根本的に商習慣が違うので、それ(あれ)は難航するかと思われます。
    住宅を借りる場合の首都圏の敷金システムと大阪地区の権利金システムには、大きな開きがあるはず。そこを考えると、道はひらけるかと。
    どーどーどー、こーむだうん。

    返信削除
  2. ��患者さまさん
    いきり立ってはないですよ~。笑
    気長に頑張ってます。

    返信削除