Instagram

2016年4月4日月曜日

胃下垂

胃下垂タイプ別

・胃虚弱タイプ

・胃強壮タイプ


大別するとこうなります。胃下垂で悩まれているかたの大半が、上の虚弱タイプになります。

胃虚弱タイプ

字のとおり、胃の働きが弱い。

胃の働き=消化です。

具体的に何をしているかというと、食事をして食道から送られてきたものを貯めておく貯蔵庫の役割。もう一つは、胃液と食べ物を混ぜて、分節運動蠕動運動を行う攪拌、運搬の役割があります。

胃は、平滑筋という筋肉でできています。

胃虚弱タイプの方は、この平滑筋が弱っているといえます。

極端にいうと、貯蔵される一方で撹拌運搬ができていないということになります。なので胃が下垂します。

《原因》

もともと弱い、冷え、早食い、食事で噛まない、ストレス、緊張、睡眠不足、不規則な生活、痩せている、遺伝。

改善するには、原因となるものを一つ一つやっつけていかないといけません。もちろん北京堂の胃下垂治療は、こういったのをいっぺんにやっつけれる場合もあるのですが、そうは問屋が卸しません。

一時的だったり、変化が出なかったり。

鍼+一つ一つやっつけられれば、いい状態はキープできます。

鍼施術以外で自分でできることをやらなければいけません。

もともと弱い

もともと弱いのか、弱っていったのか?とりあえず原因となるものを排除していって、胃の働きをよくしないといけません。
鍼の施術で、トレーニングです。刺激を加えて、収縮、弛緩させます。

冷え

冷たい飲料、食べ物を飲食しない、栄養バランスのとれた食事をする、服装に気を付ける(腹部、腰部、足を冷やさない)、湯船に浸かる、運動をする

早食い 食事で噛まない

意識してゆっくり食べる。よく噛んで食べる。

ストレス 緊張

ストレスが加わると体は緊張します。筋肉だけではありません。内臓も緊張して働きが悪くなります。ストレスを失くせというのは無理な話かもしれません。その方によってそれぞれあるので難しいものです。
その分リラックスできる時間を沢山作りましょう。気持ちいいこと心地いいこと、楽しいこと、何でもいいです。いっぱいやってください。そんな時間をたくさん作ってください。

睡眠不足

良質な睡眠をとれているだけで、ある程度の健康は保てます。睡眠中は内臓が働き、体を修復する時間です。規則正しく睡眠がとれていれば、体にいいリズムができて、体調が整ってきます。
人生の半分は睡眠といわれています。それだけ重要なことです。
そういった状態を確保できないのであれば、体の不調を覚悟しなくてはいけません。

不規則な生活

人間にはサーカディアンリズムといって、良い状態をキープするリズムがあります。日の出と共に起き、日の入と共に眠る。朝起きたら、お腹が空き、夜になったら眠たくなる。自分が意図せずとも勝手に体がそうなります。
それはこのリズムがあるからで、このリズムが不規則になると、体調が悪くなります。精神的にも疲れてきます。自分のいいリズムをキープできるような生活を送れるようにしないといけません。

痩せている 遺伝

この二つは難しい問題です。どうすることも出来ない部分です。ある程度受け入れなければいけません。ただ、胃が下がっても、痩せていても、体調がいい状態はキープできます。この二つ以外のことをきっちりやっていけば、症状も良くなるはずです。

 さていかがでしょうか。他の人はこんなこと気にしなくても平気なのに、なんで私だけとか、そういうふうには思わないでくださいね。

背の高い人、低い人、痩せている人、太っている人、目のいい人悪い人、いろんな人がいます。たまたま胃腸が弱かったのかもしれません。あるいはケアをおこたっていたのかもしれません。いろんな悪い要因が重なり今の状態になったのかもしれません。

それを受け入れて、出来ることをやっていきましょう。

北京堂では、それができない人、出来ているけどもうひと踏ん張り、なんとかしたい、そういった人の手助けができればと思っています。

胃の強壮タイプは次回へ


0 件のコメント:

コメントを投稿