Instagram

2015年3月6日金曜日

OFF

昨日の休みは早めの春を感じようと、三浦のほうに行ってきました。
 
ここ最近は、薄手で過ごせるくらい暑い日もあれば、冬のコートでんも寒いという日もあるような訳の分からない感じです。
 
しかも、雨男のわたくしです、休みの日の度に雨という、悲惨な休日ばかりでしたので、昨日は貴重な一日になりました。

 
 
去年に行ったところは閉園していたので、津久井浜観光農園というところで「いちご狩り」をしてきました。わりと大きなところのようで、平日にも関わらず多くの人がいらっしゃってました。
 
後で書きますが、ちょうど河津桜の花見シーズンということあるようで、若い人よりも年配のかたのほうが多かったように思います。
 
しかし、50個以上食べたかもしれません。昼ご飯前でしたが、お腹いっぱいです。となりの年配のご夫婦は、ものの数分で、「あ~お腹いっぱい、もういちごはいいわ~。はぁ~しんどい」なんてぼやいていました。(笑)
 


 
上の2つ、左と右で品種が違うのですがわかりますか?
 
左が紅ほっぺで、右がやよいひめといいます。左の紅ほっぺのほうがスーパーでもよくみる品種です。僕的には、右のやよいひめのほうが好きです。甘みが強いものは、桃のような味がします。味を同じ果物に例えるのはどやねん!ですが、それくらい2つには味の違いがあります。
 
嫁は練乳やチョコシロップなんかをつけていましたが、やっぱりそのままのほうが美味しいです。

 
こ慣れてくると、どれが甘いというのがわるようになってきます。
 
・太陽のあたる角度
・帽子の部分のささくれ具合
・表面についている種?の色
・房についている実の少なさ
 
こういったところでしょうかね。たまに、びっくりするぐらい甘くて美味しいやつがあります。それのために食べ続けて50個ぐらいになったって感じですね。

 
普段見ることのない、いちごのお花です。暖かいハウスの中でいちごを食べていると、すっかり春です。
この三浦は農業が盛んで、大根やキャベツなど沢山の野菜が栽培されています。すぐ横で直売しているのですが、大根やキャベツ、ブロッコリーにねぎ、どれも大きく美味しそうです。しかも安い。
 
かえってねぎをレンジで温めて食べましたが、それだけでもすごく美味しかったです。前にも書きましたが、子供の頃や若いころに美味しくなかったものが、年齢を重ねると美味しいと思うようになってきました。嬉しいねやら悲しいねやらです。(笑)
 

 
近くの三浦海岸駅では、三浦海岸桜まつりが開催されています。三浦海岸駅から小松ヶ池公園沢山の河津桜が満開です。綺麗なピンク色の桜で、ソメイヨシノなんかよりも1ヶ月くらい早く満開になります。
平日なので、びっくりするぐらいお年寄りばっかりです。(笑)桜まつりっていうんで、公園でなにかやっているかというと、少し出店がある程度で何もやっていません。(笑)池のほとりで、みなさんおのおの弁当やおにぎりを頬張りながら、あぁでもないこうでもないと言っています。(笑)平和です。小春日和というのでしょうか、気持ちよかったです。
 
 
いちごを食べすぎ、昼飯を食べるほどではないが、何かちょこっと食べたいということで、葉山に足を伸ばしプリンで有名なMARLOWE本店に行ってきました。ビーカーに入ったプリンで有名なやつです。そこで出される料理も美味しいと期待していたのですが、時間帯的に喫茶しかやっていないとのことでした。残念です。
 
店から見える海の眺めが綺麗でね。
神奈川のいいところは、こういったロケーションの良さです。海を見ながらゆっくりとご飯を食べたり、お酒を飲んだり、お話をしたり、なんちゃないことでも、おっしゃれ~な感じになります。
 
神戸が横浜と似ていると言われているのですが、湘南のような感じのところは兵庫にはないように思います。
 
もちろん海が近くて、ロケーションのいいところはありますが、あまり洗練された感じはありませんからね。あくまでも田舎の町という感じです。
とまぁ、僕が知らないだけかもしれませんので、あくまでも私見です。


葉山の海岸を歩くとこれまた気持ちがいい。
夏と違い静かで人も少なく、何より海が綺麗です。これだったら、入って泳ぐのも悪くないと思うのですが、夏場の汚さはとてもね。
 
そうこうしていると、また小腹が...。(笑) 

0 件のコメント:

コメントを投稿